川柳の作り方〜「サラリーマン川柳」入選を目指して〜川柳大学

サイト説明




川柳とは

     五・七・五の17音定型の日本の短詩のひとつです。同じく五・七・五の17音定型の俳句との違いは以下の通りです。

Q.川柳と俳句の違いは?

    ■歴史的相違
    A.川柳と俳句とも、連歌(和歌における韻律(五・七・五と七・七の音節)を基盤として、複数の作者が連作する詩形式)を母体にしています。
     俳句は、連歌の第1句=発句(五・七・五)の17音が独立、発展したものです。逆に、下の句(七・七)がお題となり、気の利いた上の句(五・七・五)にまとめることを付け句(つけく)と言い、これが川柳に発展していきます。
    ■内容の相違
    A.上記のような歴史的な相違などから俳句と川柳には以下のような特徴があります。
    1.余韻と言い切り
     俳句は、後続の七・七の言葉を連想してもらうために、読者に「余韻」を残す作品となります。
     川柳は、後続の七・七の言葉をまとめ独立させたため、「言い切り」の形となり、読者に「言い得て妙」とうなづかせる作品となります。
    2.自然と人間
     俳句の対象は、自然そのもの(花鳥諷詠)で、ありのままの自然の姿を描きだす(客観写生)ことを目的としています。
     川柳の対象は、人間そのものや、人間をとりまく様々な事柄で、風刺・皮肉を加味し、滑稽とあてこすりから人間の本質が生み出す笑い(ユーモア)を表現することを目的としています。
    ■形式的な相違
     1.季語、切れ字の有無
     俳句は、発句が発展したもののため、発句にとっての約束事である季語、切れ字が必用となります。(自由律俳句など例外もあります)
     川柳では特にこだわりません。

川柳の検索傾向

    グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。
    毎年、第一生命・サラリーマン川柳の発表で2月中旬と5月中旬にピークがおとずれます。
      2月中旬・・・第一生命・サラリーマン川柳・入選作品100句の発表
      5月中旬・・・第一生命・サラリーマン川柳・ベスト10を発表
    またオリックス・マネー川柳の発表で3月中旬と12月上旬にピークがおとずれます。
      3月中旬・・・オリックス・マネー川柳・入選作品発表
     12月上旬・・・オリックス・マネー川柳・入選作品発表

プライバシーポリシー

    本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
    このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
    Cookieやウェブビーコンを使用しています。
    もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、
    ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
    詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
    http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

PR1

LINKS

PR2